低用量ピルの画像

低用量ピルは正しく服用すれば、確実に避妊できると言われています。低用量ピルの良さは、性行為の前の段階ですでに避妊が完了している点があげられ、正しく使用することでほぼ100%確実に避妊できます。

低用量ピルは何が低用量なのか

今の時代、男女の性行為によって妊娠をしないようにするためにいろいろな避妊方法が実践されています。
多くは男性がつけるコンドームが知られているのですが、最近は女性が自分で服用して避妊効果を発揮できるピルというものも徐々に浸透しつつあるのです。
ピルは欧米では一般的な避妊方法ではあるのですが、日本で知られるようになってきたのが、認可をされてからここ10年ほどになります。
産婦人科を受診することで入手できる薬ですが、毎日飲むことで高い成功率を誇る避妊薬でもあるのです。
ピルには事前に飲み続けてホルモンバランスを整える低用量ピルと事後に妊娠の可能性がある場合に服用することで妊娠を避けることができる中用量ピルがあります。
この違いはピルに含まれるホルモン剤の量になります。低用量ピルでは少なめであり、中用量ピルでは強めのホルモン剤になります。
共にちょっとした副作用があるのですが、低用量の場合では体が妊娠をしているのかのように感じ取るので、つわりのような気持ち悪さやむくみがあらわれることもあるのです。
中用量のものでは、性行為をして妊娠をしてしまった可能性がある時に72時間以内に服用するもので、一時的にさらに強い副作用があらわれたりすることがあるのです。
しかしながら、いずれのピルでも入手しやすくなっており、リーズナブルに手に入れたいという人では海外からの個人輸入であれば、法的にも認められているのです。
まとめ買いではさらにお得になります。
ですから、この違いをしっかりと理解して、どういった時にどちらを服用すればいいのかということを踏まえて、服用していくようにするといいでしょう。
そして望まない妊娠をしないように気を付けたいものです。

低用量ピルを飲み忘れた場合

低用量ピルは経口避妊薬です。性交渉による妊娠を防ぐことが出来ます。毎日一回服用することにより排卵を抑制します。
ピルにはエストロゲンとプロゲステロンといえ2つの女性ホルモンに似た成分が配合されていて、ピルを服用すると妊娠した時と同じホルモンバランスになります。
そうすることで脳が妊娠したと勘違いします。この結果、排卵を促すに必要な黄体化ホルモンの分泌が抑制されます。
卵巣は排卵する必要がなくなりますので、お休みした状態になります。
ピルの服用を中止すると、脳下垂体は妊娠状態が終了したと感知し、再度卵巣を刺激し排卵を促します。
このように低用量ピルは毎日服用する事により効果が得られるものです。万が一、飲み忘れてしまった場合の話しです。
飲み忘れに気付いた時にすぐ服用して下さい。そしてその日の服用分を服用します。その日は2錠服用することになります。
そしてその忘れてしまった時間が24時間以内であるということが、飲み忘れてを回避出来る最大の時間です。
24時間以上の時間が経過してしまったら、服用を中止して下さい。2錠以上飲み忘れてしまった場合ということです。
数日以内に生理が始まりますので、出血3日目からまた新しいシートで飲み始めて下さい。1日のうちで何時に飲んでも服用効果は変わりません。
しかし飲み忘れを防ぐ為にも習慣化することが大事です。この時に飲むなど、自分のサイクルで決めることが大事です。
就寝前に服用する方が多いようです。低用量ピルにより、発ガン性があるのかという心配をする患者様もいますが、そのようなことはありません。
月経痛などの軽減にもなり、女性にとっての負担が減る事が低用量ピルの最大のメリットにもなります。

低用量ピルの服用を止めるには

低用量ピルは、女性が主体となって妊娠と月経をコントロールすることができる方法で、正しく使用すればほぼ100パーセントの確率で避妊することができる経口避妊薬です。
低用量ピルは毎日決まった時間に一回服用することで、排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。
また子宮頚管の粘膜を変かさせて、精子が子宮へ入りにくくなるため、望まない妊娠から身を守ることができます。
低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが含まれています。
このホルモンの働きによって、脳は妊娠したと勘違いし、排卵を促す際に必須であるプロゲステロンの分泌が抑制され、卵巣は排卵せずに休眠した状態になります。
またピルと聞くと避妊薬というイメージが強いものですが、避妊効果だけでなく生理痛やPMSの軽減、子宮内膜症の治療などにも用いられている薬でもあります。
ピルを服用すると、子宮内膜が厚くなる前に生理が始まるため、症状が軽くなり、生理周期も規則正しくなるため、生理不順にも効果があります。
生理前にイライラしたり頭痛や吐き気、鬱などの症状が出るPMSも、ピルを服用することで、生理前のホルモンバランスの変化が少なくなり、症状が軽減されます。
特に近年は、ストレス社会ですから、PMSの症状で悩んでいる人も増加しています。ただPMS改善のために低用量ピルを服用しても、効果が出ない場合もあります。
そういった場合には、違う種類のピルを試してみるなどして、自分の症状にあったピルを見つけることが大切です。
低用量ピルは、中・高用量ピルに比べると副作用が少ない薬です。
ただ吐き気や頭痛、不正出血、多汗などの副作用がでる場合もあり、特に飲み始めの1~3ヶ月頃に強く出る場合があるので、副作用を感じた場合には医師に相談するとよいでしょう。

★副作用が出にくいという特徴を持つピルなんていかがでしょうか
ヤーズ