低用量ピルの画像

低用量ピルは正しく服用すれば、確実に避妊できると言われています。低用量ピルの良さは、性行為の前の段階ですでに避妊が完了している点があげられ、正しく使用することでほぼ100%確実に避妊できます。

低用量ピルによるしびれなどの違和感

低用量ピルというのは、製品中に含まれている卵胞ホルモンの分量をできるだけ少なくしたタイプのピル、すなわち経口避妊薬のことであり、計画的に正しく服用すれば、ほぼ確実ともいえるほどの避妊の効果があるため、いまでは国内外で多くの女性に利用されているものです。
この低用量ピルを服用することによって、女性のからだは妊娠したのと同じような状態になりますので、以後は排卵をしたり、子宮内膜を厚く成長させるといった、妊娠のための事前準備をひとりでにしなくなります。その結果として、低用量ピルを飲み続けている限りにおいては、性行為をしたとしても妊娠をしなくなるようになるのです。
低用量ピルには、いくつかの副作用が指摘されていますが、多いものとしては、頭痛、吐き気、腹痛といったものが挙げられます。これらはホルモンバランスが変化したことによる一時的なものとみられますので、そのまま使用し続けていたとしても特に問題はなく、自然とおさまります。
ただし、ピルを服用した後で、手足のしびれのような違和感を感じたり、突然のはげしい頭痛や胸の痛みかあったという場合には要注意です。低用量ピルの副作用のなかには、血栓症とよばれるものがあり、その初期症状があらわれている可能性があるからです。
血栓症というのは、血管のなかに血のかたまりができてふさいでしまい、血液が流れなくなってしまうという症状のことで、低用量ピルを服用していると、この症状が起きやすいとされています。特に、ヘビースモーカーのような場合には、もともと喫煙によって毛細血管が収縮してしまっている状態ですので、わずかな血のかたまりであったとしても致命的になるおそれが高いのです。